成長できる「〇〇制度」

転職するにあたり、色々と求人広告を見てチェックしておきたい事は多々あります。特に“○○制度”といったようなものがある所は、ある程度デキた職場である事が多いのだとか。
その中でも、やる業務や取得したい資格が多い看護師にとってありがたいのが、“資格取得支援制度”や“研修制度”というものだと思います。
“資格取得支援制度”は、その名の通り医療や福祉にあたる資格(一般企業でもそれに属した資格)を取得したい際に支援してくれる制度。職場ごとに支援は違いますが、講習会を行ってくれたり、またはそれに伴う費用などを全額、あるいは一部を賄ってくれたり、取得後に何らかの報奨金が出たりといった支援が行われます。
“研修制度”は、看護技術や医療技術といったものの職場全体のスキルアップを目指した制度。
注射の仕方や血圧の測り方といった基礎的な事はもちろんの事、介護職の場合は寝衣着脱やバリアフリーへの対処方法など、その職種特有の仕事について学ぶ事が出来ます。特に、病棟勤務が長かった看護師の場合は、訪問看護など介護職に就くと困惑する事が多いので、こういった制度が設けられているのはとてもありがたいといえるでしょう。

また、看護学校を担っている大学病院や総合病院というのは、通う学生に対して“奨学金制度”を行っているところも少なくありません。修学費用なので、もちろん留学も含まれます。
これは所謂お金の事情で修学が困難とされる学生に、苦労させる事なく勉学を受けられるようにと奨学金を給付、または貸与する事をいいます。基本的に海外は能力に応じて給付する事が多いようですが、日本では残念ながら貸与がほとんどです。
そう、その学校を管轄している病院からお金をお借りするんですね。
そのため、その奨学金=借金がなくなるまでは、基本的にその病院のグループ(総合病院などの大きいところから診療所、福祉施設など)から抜ける事は許されないとされています。なので中には、転職したくても出来ないという状況にも陥りかねないようです。

制度というのは基本的に、福利厚生という待遇面に含まれます。求人広告に直接載っている事もありますが、面接時などに聞いた方が確実だといえるでしょう。
こういった制度は、働く人が働きやすいようにと用意されているもの。物怖じする事なく、使えるなら沢山使って働いた方がお得です。職場としても、それだけ向上心がある人なのだと見てくれるはずですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/