一番気になる年収

転職を決める時に、求人を見る上でその職場環境が今の職場に比べてどれくらい円満であるか、自分に合った仕事を出来るかを考えるという方は少なくありません。
しかし、どんなに人間関係が良くても、やはりそれだけでは食べていけないというのが世の常というものです。そこで考えるのが、やはり年収というものではないでしょうか?

特に、看護師というのはその資格を得るまでにまぁまぁな年数と額を費やしてきましたから、やはりそれに見合った額をいただきたい!というのが正直なところですよね。実際、看護師専門の転職サイトなどのキャッチコピーはどれも“高給”という言葉がついて当たり前のようですから。看護師のお給料=高給というイメージがあるのかもしれませんね。
では、実際にはそんなに簡単に高給を得ることが出来るのか?といえば、やはりそうとは言い切れません。
高給というのはどれも緊急時に必要とされる派遣がほとんど。つまり、いくら不足が慢性化している医療業界であるとはいえ、毎回その好条件で就けるわけがないのです。
また、正社員として安定した職に就けたとしても、もちろん経験業務など年功序列による昇給があるとはいえ、全くの未経験で入った科や民間企業であれば初っぱなから高給である理由がありません。
給与というのは、利用した患者などがその病院に働く看護師や医師に払う謝礼から出る報酬。いわば“お仕事お疲れ様”と貰えているお小遣いのようなものなのです。
つまりは頑張った証ですよね?
なのに、中には入ってまだ1、2ヶ月の新人が「給料少ないから」といって辞めるというのは、一体どういった了見なのだろうと思います。
何年も勤めていて上がらないというのであれば、その理由で辞めるのも分からなくありません。しかし、初っぱなから高給を狙う人というのは自分がどれだけ出来ると思っているのだろう?と、偉そうですが私なんかはとても謎に思ってしまうのです。
ですから、もしもあなたが経験もそんなに積まぬうちに転職を考えているというのならば、まずはその給与に見合った仕事をきちんと出来ているかというのを考えてからにしてみてください。
きっと、「いや待てよ?」と思いとどまる節もあるかもしれません。まずは冷静になって考えてみるといいでしょう。

ちなみに、年収は資格、経験、そして科によっても大きく違います。額だけに囚われず、自身が本当にそこで力を発揮出来るかというのも、とても大きな争点であるといえるのではないでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/